挑戦、革新、そして永続へ。新たなる「MASHIRO」の時代を築く。

50年は半世紀、100年は一世紀。企業として存続し続けるためには、地道な研鑽、信頼に加え、その時代ごとの変化にも果敢に挑み、「革新」し続けるダイナミックな経営ビジョンとそれを実行するバイタリティーが不可欠です。
会社設立50周年を迎えた2017年、真城グループは、「その歓びを、活きる力へ!」を新たなるスローガンに、「100年企業」への大海原に帆を掲げて船出しました。そして100年企業へ向けて1歩1歩着実に成長していく為に次なるビジョンを掲げました。
これからの時代、たとえ荒波が待ち受けようとも、社員一人ひとりが目標達成への思いを強く持ち、自ら行方を切り拓ける真のプロフェッショナルであれば、必ず乗り越えられる!そして、その歓びが活きる力となり、お客様はもとより、地域や社会へと還元されることで、真の豊かさへとつながっていく。そんな未来への継続を、私は信じてやみません。
「MASHIRO」の強みは、強い思いと創造力。私たちの描く未来が、多くの人々や社会の活力の源となるよう、さらなる研鑽を重ねてまいります。

株式会社 真城ホールディングス 代表取締役社長真城 貴仁