NEWS 新着情報

キャッスルタウン大垣に太陽光パネルを設置

2023.11.24

SDGs
SDGs07

株式会社真城ホールディングス(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長 真城 貴仁)は、企業の社会的責任活動である『SDGsの達成』を目的とする取り組みの一つとして、キャッスルタウン大垣に太陽光パネルを設置しました。年間発電量は約333,756kwhを見込んでおり、年間ベースではCO2を144.3トン削減、杉の木で約10,000本の植林に相当する効果となります。発電過程において二酸化炭素を排出しない「再生エネルギー」と言われる太陽光発電を自社内発電に取り入れることで、少しでも環境負荷を軽減し、地球環境保全への貢献と持続可能な社会の実現を目指します。

一覧に戻る

株式会社真城ホールディングスは、1997年に会社設立50周年を迎えました。遊技機の開発に始まり、パチンコホール「プレイランドキャッスル」のほか、温浴・飲食を含む複合施設「キャッスルタウン」の経営と、常に時代に先駆けた「遊び・癒し」を提供し続けてきました。そして、いま。MASHIROとして、さらにその先の「100年企業」をめざし、大きく動き始めています。

NEWS最近の投稿

2024.02.5

公益財団法人 東海交通遺児を励ます会の子供たちを 名古屋ダイヤモンドドルフィンズの試合へ招待

2024.01.30

NPO法人名古屋市里親会こどもピースクリスマス会に協賛

2024.01.5

令和6年能登半島地震に対する義援金を寄付

2023.12.8

歳末たすけあい運動に寄託

2023.11.29

年末助け合い運動に寄託

2023.11.24

キャッスルタウン大垣に太陽光パネルを設置